印刷イメージ
このページでは JavaScript を使用しています。 JavaScript 非対応のブラウザでご覧になられる場合、あるいはブラウザの設定で JavaScript が使用不可と設定されている場合はページのレイアウトが崩れたりメニュー,ボタン等が動作しないことがございます。
医療法人みつる会
 
 
 
 
 
 
コラム心臓の症状トップ

心臓の症状

心臓機能を高める

心臓機能を高める

「心臓を強くするにはどうしたらいいですか?」という質問をいただくことがあります。
もともと心臓は、自らの都合で排出量を決めているのではありません。
諸臓器からの血液要求量(=酸素要求量)に応えて、その合計量を排出するように調節されているのです。

心臓の強さとは、諸臓器の要求にどこまで応じられるか、血液を一分間に何リットルまで送り出せるかという予備能力の高さです。
身体活動を高めていくと、それにつれて心臓も強くなっていきます。
ただ、プロスポーツの選手でもない限り、強化するということよりは、
「心臓を弱くする要因を減らす」ことを心掛ける方が重要です。

① 運動不足だと予備能力が不足していきます。
② 高血圧になると持続的に過剰な圧力負荷がかかってきます。
③ 動脈硬化が進むと冠動脈や心臓弁膜に疾患が起こってきます。
④ たばこによって肺を痛めても心臓に負担がかかるようになります。

これらをできるだけ避けるように気を付けていくことが大切です。
心臓血管外科



上に戻る