印刷イメージ
このページでは JavaScript を使用しています。 JavaScript 非対応のブラウザでご覧になられる場合、あるいはブラウザの設定で JavaScript が使用不可と設定されている場合はページのレイアウトが崩れたりメニュー,ボタン等が動作しないことがございます。
医療法人みつる会
 
 
 
 
 
 
医師のご紹介トップ

医師のご紹介


理事長

理事長 有光哲雄
理事長 有光哲雄
専門科目 脳神経外科
資格 日本脳神経外科認定医
最近では脳の病気だけでなく心臓や腎臓疾患を合併している症状をはじめ、様々な病気を患っている方が多くなっています。一方で、生活スタイルも多種多彩になり、患者さんの置かれる環境や問題も、一人ずつ異なっています。
私たちは、患者さんとご家族の方とともに、それぞれのライフスタイルなどにも配慮しながら治療に努めるよう心がけています。
脳の病気にかかると、今後の暮らしのことなど多くの不安が募ります。病気を治すことはもちろんのこと、それらの問題を少しずつ解決できるよう、近隣の医療施設などとも連携をとりながら、患者さんとご家族に寄り添いながらご援助することも大切な仕事だと考えています。
略歴
昭和19年9月19日 高知市上町に生まれる。
昭和38年 土佐高等学校を経て、岡山大学医学部入学
昭和44年 岡山大学医学部卒業
昭和47年1月 ECFMG合格
昭和52年~54年3月 米国国立医学衛生研究所留学
昭和54年4月 国立循環器センター勤務
昭和56年8月 日本脳神経外科認定医
昭和57年1月 呉共済病院勤務
昭和58年5月 高知医科大学講師
昭和63年8月 高知脳神経外科病院開設
平成12年7月 日本脳卒中認定医



院長

院長 有光帥二
院長 有光帥二
専門科目 脳神経外科
資格 脳神経外科学会専門医
患者さんと接する時は、できる限り専門用語は使わず、病気のことをわかりやすくお伝えするように心がけています。複雑な疾患や患者さん一人ひとりの生活スタイルも配慮したうえで、地域の脳神経外科医として誠意をもって専門的診療に努めています。また、近隣の医療機関との連携や役割分担をしながら診察治療に取り組んでおります。
略歴
平成7年   土佐高等学校を経て、福岡大学医学部入学
    福岡大学医学部卒業
平成13年   岡山大学医学部付属病院脳神経外科入局
(岡山大学大学院医歯薬学総合研究科入学)
公立周桑病院脳神経外科勤務、姫路中央病院脳神経外科勤務、福山市民病院脳神経外科勤務
平成21年   脳神経外科学会専門医
平成22年8月   高知脳神経外科病院勤務
平成23年4月   高知脳神経外科病院  脳神経外科部長
平成28年8月   高知脳神経外科病院  院長



副院長

副院長 大塩敦郎
副院長 大塩敦郎
専門科目 消化器科・一般内科
資格 医学博士
日本内科学会認定医
日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医
私は、肝細胞がんを中心に研修および臨床研究し、その後は早期胃・大腸がんや胆管結石など内視鏡的治療に、また総合検診に従事してまいりました。
専門は消化器ですが、一般内科に関しても多くの貴重な臨床経験をつませて頂きました。
ちょっとした症状・検診結果で不明な点・生活習慣病など、おなかに関すること以外もたくさん相談してください。
微力ではありますが、地域医療に貢献していきたいと考えておりますので、お気軽にお声がけください。
略歴
平成6年 香川県大手前高等学校 卒業
平成7年 福岡大学医学部  入学
平成13年 福岡大学医学部  卒業
平成13年 徳島大学内科学第2講座入局
平成17年 国立病院機構高知病院  消化器科
平成22年 香川県立がん検診センター  内科医長
平成25年 高知脳神経外科病院
平成28年 8月 高知脳神経外科病院  副院長



心臓血管外科

副院長 有光克次郎
専門科目 心臓血管外科
   
脳血管障害とは、全身の動脈硬化性疾患の一部です。多くは、心臓や下肢(足)の動脈が細くなることから始まります。心臓の病気の具体的な症状としては、疲れやすい、息切れがする、むくみなどが挙げられます。しかし、心臓が原因でない場合もあるため、総合的に診るように心がけています。
心臓や胸のあたりで、不安や気になることがありましたら、一度診察にお越しください。
略歴
昭和40年3月 土佐高等学校を経て、大阪大学医学部入学
昭和46年3月 同卒業
昭和46年7月 国立呉病院外科勤務
昭和49年7月 国立療養所愛媛病院心臓血管外科勤務
平成8年4月 高知脳神経外科病院勤務
平成10年4月 高知脳神経外科病院  副院長




上に戻る