印刷イメージ
このページでは JavaScript を使用しています。 JavaScript 非対応のブラウザでご覧になられる場合、あるいはブラウザの設定で JavaScript が使用不可と設定されている場合はページのレイアウトが崩れたりメニュー,ボタン等が動作しないことがございます。
医療法人みつる会
 
 
 
 
 
 
放射線科トップ

放射線科


理念

私たちは患者さんの安全安楽を最大限考慮しつつ、
病気の早期発見及び治療に役立つ画像情報を提供します。

放射線科では、レントゲンやCT、血管を造影するDSAなどを使いながら、病気の早期発見や治療に役立つ画像情報を提供しております。
検査では、不安なことがあると思いますが、医師と連携をとりながら、わかりやすく説明をしながら、安全かつ安心して検査に臨んでいただけるように心がけております。

設備機器

左上:内臓の3次元映像
右上:心臓の3次元映像
左中:頭部の3次元映像
右中:大腿動脈3次元映像
左下:腰椎骨3次元映像
マルチスライスCT(Aquilion16)

この機器は、従来のCTよりも、時間が数段に短縮されるだけでなく、X線量が約半分で検査可能です。さらに、広い範囲を細かく撮影でき、見たい方向の断面図を映し出せるため、病変の正確な位置を把握することができます。
検査時間が短いため、高齢者やお子様、重篤な患者さんの場合でもきれいな画像が提供できます。


デジタル画像診断装置

フィルムではなく、パソコン上の立体画像を様々な角度から見るほか、骨を外した画像などを見ることができます。患者さんにも、よりわかりやすくご説明できるため、納得していただいています。
病院照会などの際には、CDに記録して持ち運びしていただけます。
ご希望があれは、ご自宅のパソコンで画像を見ることも可能です(実費負担)。


DSA・透視装置(OPESCOPE PLENO)

血管に造影剤を注入させながら、血管の走行や血流を見る装置です。
上に戻る