印刷イメージ
このページでは JavaScript を使用しています。 JavaScript 非対応のブラウザでご覧になられる場合、あるいはブラウザの設定で JavaScript が使用不可と設定されている場合はページのレイアウトが崩れたりメニュー,ボタン等が動作しないことがございます。
医療法人みつる会
 
 
 
 
 
 
リハビリテーション科トップ

リハビリテーション科


理念

私たちは患者さん達に満足かつ信頼される
公平なリハビリテーションサービスを提供します。
昨日までできていたことが突然できなくなったり、体が動かなくなったりすると、大変驚かれると思います。しかし、一日も早くリハビリを行うことで、必ず改善が見出せます。私たちも必ず良くなることを願ってリハビリに取り組ませていただきます。
当院では、運動器リハビリテーション料(I)、脳血管疾患等リハビリテーション料(I)の施設基準を
算定しています。

理学療法について

救急入院後、できる限り早くベッドから起きて、立つことや歩くことが再び行えるようにお手伝いします。
マヒなどで寝たきりの状態になり、動かさない期間が続くと、筋肉や血圧を調整する能力が衰えたり、体自体が動き方を忘れたりします。
私たちは、救急病院のリハビリテーションとして、
一日も早く、社会復帰していただくために、早い時期からリハビリを進めています。

作業療法について

日常生活の動きが安定してきたら、段階的に、より応用的な生活動作のリハビリへ移ります。
主には、手や指の機能の向上や利き手交換訓練を行っています。
また、片側が見えない、物事を順序立てて理解できない、認知症などの高次脳機能障害の方に対しては、いろいろな方法で動作訓練をしながら改善のお手伝いをいたします。

言語聴覚療法について

脳卒中などになり、思い通り話せなくなった方や、食事が食べにくくなった方の機能回復のお手伝いをしています。
「食べることの障害」が出た方には、体力の維持や回復が重要になってきますので、まずは栄養確保のリハビリを大切にしています。
食べられない、話せないことは、大変ストレスがたまることだと思います。
訓練はできる限り明るく和気あいあいと取り組みたいと思っております。言葉のことで困ったことがあれば、どんなことでもご相談ください。
上に戻る